RSS

Archive for the ‘対処法’ Category

極端に出会いのチャンスが減ってしまう

水曜日, 12月 23rd, 2015

会社員は学生と違って、極端に出会いのチャンスが減ってしまうケースのほうが多いのです。

異性と親しくなるチャンスを逃さないようにしないと、気がつくと自分だけが置いてけぼりということになってしまいます。

周囲でもう利用している人もいるかもしれませんが、評価の高い出会い系サイトとかその手のアプリを使用すれば、電車の待ち時間や休日の深夜などでも、気の向いたときに異性とコンタクトをとれて、交際につながりやすいでしょう。
激しい激情型の関係を求める人妻ももう若い独身女性などには全く興味がない本当に幅広く色んなタイプの人妻がいるわけでまさにそれは清楚な人妻特有とでもいえるような若い独身女性とは全く違うものでしょう。底なしの快楽を求めているような人妻はやはりその濃密なプレイということになるのでしょうが旦那さんとの関係が決してうまくいっていないということでありそれが人妻をせっかちな男性にはありがたい存在でしょう。
自衛官は職場での出会いが極端に少ないので、出会い系サイトとかアプリに頼る人が多いみたいです。

しかし誰もが真剣な交際を望んでいるわけではないので、見極めが大切です。付き合うまでいかなくても、何度かメールをやりとりしていると職業的なエピソードも色々聞けて参考になるという意見も多いです。
交際してみたいとか、結婚したいと思う人なら登録してみてもいいかもしれません。
(さらに…)

女性モテるということ

火曜日, 5月 13th, 2014

女性モテるということは簡単なことではないですよね。女性が誘われたい気持ちになる知的ユーモアのセンスを磨くというのが一番の近道だと言われたりもしますが、それは本当に難しいことだったりします。それには多くの知識が必要になってくるでしょうし。そのやり方としてこのようなものを紹介している人がいました。まずは日々の社会知識の吸収からやっていく必要があるということです。男性の会話は短く、女性の会話は長いとはよく言われます。それでいて男性の会話のほうが効率はいいのですね。それは結論が出るからです。女性の会話はもともと議論などする気はないので結論は出ないのです。女性の脳は言語中枢の左脳の部分の神経細胞が多いのです。そして言語中枢のドーパミン濃度が高いとも言われています。だから話をするときに脳を広く使っているのですね。会話上手の女性ではありますが、そこに男性的な会話のやり方で結論を持ち込まれると不愉快に感じてしまうことが多々あるようです。さらに女性自体が聞き上手だから男性も聞き上手になる必要があるわけです。これが一番簡単で、しかもモテるには一番効果的なやり方ではないでしょうか。心構えひとつでできることでもありますから。
大人の出会いを探すエッチな男女が集う出会い系サイト

出会いの価値

月曜日, 12月 16th, 2013

反社会的なことや、友人や恋人との出会いを選び続けない限り、それが原因で不幸になることはありませんよね。そして本来幸せが許されていない人など存在しません。けれども、「あなたは不幸になる」という呪文を浴びつづけると、なんとなくそんな感じがしてくるから不思議なものですよね。「母親はひとりの普通の女性である。そして、娘と母親の関係は近すぎるあまり、じつはそれほど簡単には理解し合えないものである」そんな前提で考えれば、いろいろと気持ちが楽になりますよね。母親は自分の理想通りの娘を育てるために、気に入らない部分を抑えこんだり、伸びないところを無理に引っ張ろうとしてしまいます。小さい子どもは力がありませんから、本人がどのように感じていたとしても、母親の思い通りになるしかありません。母親は子どもに言うことを聞かせるために、「言うことを聞かない悪い子」「言いつけを守らないひどい子」と言って叱りつけます。でも成長してから、自分が選んだ人との出会いにまで口を出される理由は何もないわけです。その出会いの価値は自分にしか絶対に分からないわけですから。

何らの人間関係も持っていない

火曜日, 10月 29th, 2013

仕事をしなければただ座っているだけという環境がよいです。閉じ込めるべきではない。出入りは自由で、自分で買ってきて調理する材料しかわたさないことです。受け身的な娯楽、例えばラジオ、テレどのようなものはないほうがいい。働いたときだけ入れる特別な部屋で見るのは例外として。バスケットボールのような活動的な娯楽は、誰か一緒にする人を見つけることができるなら、できるようにしておくといいでしょうね。彼らにとって活動することは良いことなのです。たいてい彼らは不活発であるか家のためになることを、何か目に見える形でした場合以外、周りの人たちは彼らと話さないほうがいいでしょう。社会病質者と仕事につかない人について、あたかも彼らが純粋な事例ででもあるかのように書いてきました。 (さらに…)