RSS

全能に近い者と思い込む

それが他の両極性との違いはここにあるのです。他の両極性の人は、アップ・ダウンがあまり強くない選択をしているときには、とても有能であります。炭酸リチウムが、ときに有効である両極性と違って、仕事につかない人は、リチウムなどの薬は効かないのです(必ずしも、試していけないと言うことではない)。仕事につかない人は、両極性の行動を選択するのです。このアップ・タウン行為が、現実と彼らが格闘している様子を反映しているからです。巨大な力の欲求に突き動かされて、ハイの状態、すなわち両極性の上の部分にいるときには、彼らは自分たちを非常に強い者、ほとんど全能に近い者と思い込み、まるでそのような人物ででもあるかのようにふるまうのです。彼らは自分をあるがままで見ることは望まない。高揚した状態で放出されるエネルギーを使っても、価値エンジンを駆動するために、たくさんの燃料を燃やし続けることは何もできない。であるが、ギアーを入れた状態にしておくことはできない。彼らにとって、唯一のギアーはニュートラルなのです。

Leave a Reply