RSS

何らの人間関係も持っていない

仕事をしなければただ座っているだけという環境がよいです。閉じ込めるべきではない。出入りは自由で、自分で買ってきて調理する材料しかわたさないことです。受け身的な娯楽、例えばラジオ、テレどのようなものはないほうがいい。働いたときだけ入れる特別な部屋で見るのは例外として。バスケットボールのような活動的な娯楽は、誰か一緒にする人を見つけることができるなら、できるようにしておくといいでしょうね。彼らにとって活動することは良いことなのです。たいてい彼らは不活発であるか家のためになることを、何か目に見える形でした場合以外、周りの人たちは彼らと話さないほうがいいでしょう。社会病質者と仕事につかない人について、あたかも彼らが純粋な事例ででもあるかのように書いてきました。社会病質者は、純粋なケースに近い。ある者が殺人者で、ある者はそうでないという以外に、彼らには大差がない。何が殺人者にし、何がさせないかは、分からない。殺人者は、最悪の人間関係しか持っていない、もしくは何らの人間関係も持っていないのではないかと、推測できるのです。

Leave a Reply