RSS

巻き込まれた人

カウンセリングは最初は恐怖行動と同じものになる場合もある。外傷性ストレス疾患は、しばしば下されるもう一つの診断である。外的コントロールの世界では、このように考えることがよくある。「私は何かの犠牲者で、それを自分ではコントロールできない」苦痛をもたらす、予期しないけが、事故、恐ろしい状況の目撃、こうしたものに関与した人は、ショックが大きくて起こった出来事に対処できない。そして、そのためのカウンセリングを必要とする。症状は、頭、首、背中の痛みのように身体的であったり、歩けないなどの障害であったり、恐れや不安があまりにも強くて仕事に行けないような心理的なものであるかもしれない。大地震などの被災は、PTSDの古典的な原因と考えられている。巻き込まれた人は、専門家の助けなしに対処できないと、短絡的に結論づけられているが、これではいけないと思っている。この考えがあまりにも広く宣伝されたので、全体的な外傷性ケア・システムが構築されるようになった。このシステムは、医師、弁護士、セラピストで構成され、経済的理由からも、外傷性心理的障害を受けた人は、助けの手をさしのべ、苦しみを償う必要があると、この世の人を信じさせている。

Leave a Reply