RSS

本当の思いやり

彼らに補償金として払うお金は、より明白な外傷に苦しむ人々から目をそらさせているのではないかと心配している。このディレンマに対する答えはない。しかし、しっかりした自立理論の浸透した社会では、こういうことが起こることは少ないと思う。自分たちに起こったことは処理できると、人々に教えれば教えるほど、私たちは幸せになれるから。冷たい人と見られないことが重要である。人に対して、苦痛や自己破壊的な症状を選択しているとは決して言わない。彼らがより良い選択をし、より良い人間関係を築く手助けをし、選択理論を少し教える。ほとんとすべてのケースで、セラピーを受けたことを喜び、自分の人生をコントロールするためのより良い方法を見つけたときに、症状などを進んであきらめるようになる。たとえどんなことが起こったにせよ、不幸な人々を、無力、絶望、無能のように倣うことは親切なことではない。親切とは、真理を信じ、人々がその問題に対処できると信じて、彼らのためにそれを使うことである。本当の思いやりとは、人々が自分自身を助けるのを援助することである。

Leave a Reply